ハイヤーのドライバーについて

ハイヤーは、通常のタクシーと違い完全予約制となっています。顧客を目的地まで届けるのが主な仕事なので、内容はタクシーとほとんど同じですが、利用者層や料金などに違いがあります。一般的なタクシーは街中で拾って利用をしますが、ハイヤーの場合は街中で手を挙げたからと言って利用することはできません。事前に予約をし、利用者とハイヤーの会社で契約を交わした上で初めて利用が可能になります。もし企業との契約であれば、車両とドライバーは固定になり、社用車のような仕様となります。ハイヤーは、基本的には時間貸しとなりますが、長期的もしくは1日だけの利用も可能です。

利用者を目的地まで届けたら、再び営業所まで帰って次の仕事まで待機となります。ハイヤーのドライバーとして働いた時の収入については、基本給が固定となっている場合が多いですが、仕事をした数に応じて収入がアップする歩合制も導入しています。ハイヤーのドライバーを募集する際、未経験者である場合は、自社や専用の場所で研修期間をしっかりと設けています。研修では、ハイヤー業務の基本的なやり方から、2種免許の取得までカバーしてくれるので安心できます。また、応募資格として普通自動車免許の取得を条件としています。今では男性だけでなく、女性のドライバーも多く活躍しています。働き方も個人にあわせて選択できる場合があり、魅力的な仕事となっています。例えば、時間帯を指定して日中だけ働き、夕方や夜は家事に専念するといった気軽に働ける環境が整っています。

ハイヤーのドライバーの仕事には、利用者への気配りやおもてなしが必要です。タクシーとの違いで見てみると、まずは乗降シーンです。車両を自動で開閉して乗り降りしたり、大きな荷物がある時には利用者自らがトランクに積み込むタクシーとは違い、ハイヤーの場合は、ドライバーが細やかなサポートを行います。利用者のためにドアの開閉をして乗降をしてもらいますし、ドアツードアが基本です。荷物はドライバーが積み込みを行います。

また、コミュニケーションやおもてなしの面でも異なっています。タクシーでは会話が行先の確認のみである場合も珍しくありません。一方ハイヤーの場合は、利用者がVIPであったり、海外からのお客様であることも多く、場合によっては英語などを用いながら、適切なコミュニケーションを取る必要があります。観光シーンでも多く使われるようになっている乗り物であるため、観光案内などを含め利用者にとって有益な情報を提供するため、幅広い知識と情報の収集に努めています。